表情筋の鍛え方

スポンサードリンク


表情筋を鍛えて、顔面神経麻痺予防、顎関節症予防やたるみを減らして、小顔に!

表情筋と顔面神経麻痺の関係

表情筋は使わないと衰えるのですが、それ以外にも「作り笑い」「愛想笑い」といった表情も表情筋に大きな負担をかけるのです。 本来、笑う必要のない場面で笑顔になるのは脳からの指令と反する事になります。 これを続けると、顔面神経や表情筋に狂いが生じ、顔がピクピクと引きつる症状が現れてきます。 ひどい場合は、顔面神経麻痺へとなっていきかねないのです。 心当たりある人は、ご注意を。

スポンサードリンク

表情筋とは

見えない顔の下には、いくつもの筋肉がはりめぐっています。 理科室の人体模型などで、皮膚の下の顔を見たことがあるのではないでしょうか? この筋肉が目や口などを動かすわけですが、一つ一つの筋肉には名前がありますが、それらをまとめて表情筋と呼んでいます。 28種類もの筋肉があります。

表情筋の鍛え方

表情筋を鍛える事は、マッサージなどよりも効果があります。 これは、表情筋そのものを鍛えるためです。 鍛え方の一例はこちら。

口を大きく開いて、一気に閉じる。 口を大きく開いた状態で、下あごを左右に動かす。(無理にしない事)
ほっぺを大きくふくらませる。
ほっぺをへこませる。
目を強めにつむり、ゆっくり開く。
頭を動かさず、目(眼球)だけを上下左右に動かす。(目に意識を集中させる)
舌を勢いよく出して、引っ込める。
他にも、様々なトレーニングがありますが結構疲れるものもあるので、少しづつトレーニングの量を増やしていくといいと思います。
トレーニングする時は、人のいないところでしましょう。
変な目で見られちゃいます(汗)
一度に詰め込んでも、続かないと意味がありませんよね?
少しでも毎日続けることが、重要です。
これは、ダイエットでも何でもそうですよね。
表情筋を鍛える事で、魅力的な笑顔を手に入れましょう。

顎関節症の予防にも

表情筋を鍛えることは、顎関節症(がくかんせつしょう)の予防にも繋がります。 顎関節症は、ストレスや噛み合わせが合わない事によって起こります。 表情筋のトレーニングは、口を大きく動かしたり、顎を左右に動かすといった動きもあるので 顎関節症にも有効だと思います。 ですが、痛みを感じた場合は無理にしないほうがいいと思います。 その場合は、病院で診察をうけてみてください。